Touch & Think ~百聞も百見もワンタッチにしかず~


ログインするとフルムービーでご覧いただけます。
(非ログイン時はダイジェスト再生)

聞く・見るより触れて体験、次の時代を読む力

「百聞は一見にしかず」の言葉が表す通り、古くから「何度も聞くより、一度実際に自分の目で見るほうがよく分かる」と言われてきました。

しかし、スマホの登場で世界が一変したように、急速なスピードで物事が移り変わる昨今、百聞・百見では十分ではありません。では、世の中の流れをビジネスに取り込み、時代の寵児となるにはどうしたら良いのでしょうか。

講師の高島健一先生は、「百聞も百見もワンタッチにしかず」を提唱する、新規事業コンサルタントです。世界中、人が集まる場所に必ず足を運んで自分で購入・体験し、ヒット商品や成長事業を誰より早く探し出し、講演会などで紹介しています。

独特の感性と好奇心で見つけてきた最新の商品や技術、新しい売り方などの情報を提供するセミナーは、目がさめると大評判です。高島先生のアンテナは、今どこに向いているのでしょうか?是非、この講座でチェックして下さい。

平成元年に世界が動いた、令和元年の今年は何が起こる?

高島先生は、平成が始まった年から世の中は大きく変わったと考えています。なぜなら、平成元年に中国では天安門事件が起き、ドイツではベルリンの壁が崩壊されたからです。この2つの出来事が本国だけでなく、世界中に大きな影響を与えたことは言うまでもありません。

とりわけ中国では、天安門事件以降から毎年10%の成長を遂げ、GDPは日本をゆうに超えています。改元は日本だけの話ですが、一つの時代の終焉と幕開けが、世界情勢やビジネスシーンに大きな影響を与えることは間違いないでしょう。

自分のいる会社、業界がどう変化していくのか、ビジネスマンの皆さんは日々、5年、10年先を予想しながら仕事をされていると思いますが、少し考えてみて下さい。

今でこそ我々の生活に不可欠となったスマートフォンも、15年前は誰も想像できなかったのです。しかし、開発者がいてスマホが誕生したように、世の中を動かすアイディアに気づき、アクションを起こしている人がいるはずです。高島先生の「Touch & Think」メソッドで、あなたも次世代のヒントを見つけませんか?

講座詳細

教材構成
動画教材:収録時間 約30分
必須知識
特になし
担当講師

#

高島 健一(たかしま けんいち) 先生

新規事業コンサルタント、高島健一事務所代表

1955年 東京都生まれ。
1978年 慶応大学経済学部卒業
同年  日本楽器製造入社
同年  高島陽事務所入社 現在 高島事務所代表

世界中、人が集まる場所に必ず足を運び、自分で買い、体験し、ヒット商品、成長事業を誰より早く探し出す異色の新事業コンサルタント。
実際に現場を訪ね、実地視察をする見学セミナーも数多く開催。
独特の感性と好奇心の持ち主で、これから開花する商品やサービスを「社長のメシの種」として紹介する。
慶應義塾大学湘南キャンパスと全国の企業を結ぶインターネット研究会「コマース・アレー」、全国経営者の会「耳よりの会」主宰。
最新の新商売、新製品、新技術、話題の新施設、新しい売り方などの情報を提供するセミナーは目がさめると大評判。