いまさら聞けないシリーズ!経営・経済の基礎 第1回 経営に必要な情報とは?前半


ログインするとフルムービーでご覧いただけます。
(非ログイン時はダイジェスト再生)

無限にある情報から、経営に必要な情報がどこにあり、 あなたにとってどんな情報が必要なのか、ご自身で 見極め判断できる!

誤解が多い世の中で、無限にある情報から、どれを取ってくるのか、 自分の興味・関心とわかる範囲・能力によって決まります。

いろいろな人が関与して、政治も経済も相場も動かしているからこそ、 自分にとってどんな情報が必要なのか、 自分で見極め判断できる能力を身につけましょう。

経営をする、仕事をする基本として、自分としてどう行動していくのか、 情報を組み立て、判断することから、結論をつかめるようになります。

情報の基礎、情報収集の多様な部分を紐解きながら、 自分なりに情報を集めて、考えを導き出す叡智をお伝えします。

    <情報は、求めて初めて入ってくるもの>
  • 情報インフォメーション(information)とは
  • あらゆる情報をすべて知り尽くすことは不可能
  • 無限にある情報からどれをピックアップするかが情報収集
    新聞を隅から隅まで読むことは、新聞の世界を知ること
  • 書かれたもの、編集されたものを見ること
  • 自分にとって必要な情報なのか、求めている情報なのか
  • 不十分なところ、いらないところ
    <求めれば入ってくる、求めなければ何も入ってこない>
  • どこまで範囲を広げるのか
  • 興味を持つと、情報の範囲はいくらでも広がっていく
  • 太陽の黒点の数も株価に影響する!?
    <技術のことがわかれば、初めてわかる情報>
  • 情報を受ける人の興味、能力によって見えてくるものも違ってくる
  • 本人次第で、情報収集は変わってくる
  • 本当の情報は、あまりない!?
    <見方、時期、立場によって情報は変わってくる>
  • 誰の話を聴くか
  • 好意的に受けるか、反発的に受けるか、自分がどう受け止めるか
  • 推定している経済成長率
  • どんな数字であっても、仮の数字、真実ではない!?
    <正しい情報だけを知ることは、根本的に不可能>
  • 精度が上がっても、誤差は出る
  • 誤差をどの程度縮められるか、どう判断するかに読み替える
  • 真理は、○×ではない。○と×の真ん中にある
    <インターネットに出てくる情報こそ、クロスチェックが必要>
  • 見比べてみて、アナログ的に見ていくことで何が真実なのかがわかる
  • 総合的に見て判断する
  • カーナビは、必ずしも毎回最適なルートを出すわけではない!?
    <要するにどうなんだ?インテリジェンス>
  • 集めてくる部分までが情報
  • スパイ活動、諜報活動という意味もあるインテリジェンス(intelligence)とは
  • いろいろな情報を集めてきて、考えを導き出す
    <なさけにむくいる・良い言葉>
  • 情報 情に報いる(なさけにむくいる)
  • 本当に大事な話は、人から人へと伝わる最後の「ツボ」の部分
  • 公開されている情報だけで、「ツボ」を見つけるのは難しい
  • 信頼関係があって初めて伝わる「ツボ」の話
    <「要するに何なのか」に必要なものは、教養>
  • 病気の診断に似ている情報インフォメーションとインテリジェンス
  • 症状を見て決める、診断があって初めて治療できる
  • 個別の情報、行動、いくつかの情報、事実から見抜く
  • 過去の事例、一般的な情報、雰囲気、全てを総合的に判断する
    <我が社を取り巻く環境を見極め判断する>
  • 最後の診断だけ見ていることから卒業する
  • 「我が社は」どんな状態なのか、症状を自分で判断する

講座詳細

教材構成
動画教材:収録時間 約15分
主な学習項目
  • 経営の基礎
  • 経済の基礎
必須知識
特になし
担当講師

#

藤原 直哉(ふじわら なおや)
@naoyafujiwara

経済アナリスト 株式会社あえるば 取締役会長

特定非営利活動法人日本再生プログラム推進フォーラム 理事長

独立系シンクタンクとして「経済」「政治」「国際情勢」「組織のリーダーシップ」に関する独自の分析を行っているほか、小田原市および長野県南信濃遠山郷に拠点を構え、ロハス体験学校の主催、コンサルティング、社内教育、講演、執筆活動を行っている。

また、藤原直哉が執筆する「ワールドレポート」を毎週発行。その他、社会人学校「藤原学校」を東京で月2回開催し、全国各地で「藤原塾」も開催している。さらにNHKラジオ第一放送の「ビジネス展望」、山口放送ラジオの「情報ダブルクリック」にレギュラー出演、NHK文化センター青山教室では「世界の中の日本経済」というタイトルで時局分析を行っている。

このほか以下の職責を兼務している。
・渋谷ソーホーバレーコモンズ(SVC)推進協議会会長
・有限責任事業組合藤原KAIZEN研究会顧問
・ワシントン大学経営大学院名誉卒業生
・ワシントン大学経営大学院キー・パートナー

株式会社あえるば